会社案内

先進的な技術により人々と喜びを分かち合い、物も心も豊かな暮らしに貢献することで、継続的な企業価値の向上を実現します。

  • 私たちは顧客の満足を第一に考えます。
  • 私たちは社員が夢を持って働ける職場環境を考えます。
  • 私たちは常に社会性を重んじ、社会への貢献を考えます。

会社概要

会社名三陽株式会社(英語表記 SANYO Inc.)
創業・設立1977年7月1日(昭和52年)
住所東京都北区王子本町2-25-3
代表者代表取締役 壁巣 真弥
資本金20,000,000 円
事業内容ホスティングサーバ業務
ホームページ制作業務
サーバ構築・運用・保守
ドメイン取得・管理
通信販売事業
インターネットメディア事業
その他関連業務
主な取引銀行みずほ銀行 赤羽支店
ジャパンネット銀行 すずめ支店
業務提携企業STUDIO FINE
MB INOUE ASSOCIATES INC.
Office sevenF
電気通信事業届出番号A-25-13139

沿革

昭和52年有限会社三陽商事設立 建設業商社として事業開始
昭和61年三陽株式会社へ商号変更 アナログ回線を用いたIT事業開始
平成25年ホスティング事業、WEB制作事業開始

代表取締役 ご挨拶

当社は1977年に建設業界向けの商社として設立しました。

設立当時といえばオフコンの全盛期で、インターネットはおろかパソコンの普及さえ想像していませんでした。
ところが、90年代に入るとオフコンからパソコンへと業務システムの主役が入れ替わり、基幹業務はオフコン、文章作成はワープロといったスタイルから、パソコンで何でも出来るという便利な環境になりました。
インターネットの出現もこの頃ですが、最初は個人的な趣味で利用する人が多かったと思います。中小企業が導入する切っ掛けとなったのは96年のOCNエコノミーのサービス開始ではないでしょうか。OCNエコノミーの登場で、インターネットは常時繋がりっぱなしが当たり前となりました。

そのころ当社では、グループ会社のシステム全般を引き受け開発から運用保守まで手掛けていました。
2000年には「IT革命」が流行語大賞になり、パソコンとインターネットを駆使した情報革命に更なる拍車が掛かりました。「情報=コンテンツ」という概念が根付いたのもこの頃です。
「IT革命」創成期は、コンテンツよりハードウエアや通信インフラとの奮闘に明け暮れていていたのではないでしょうか。実際、その間の機器やインフラの進化は目を見張る勢いで、性能は倍々で上がりコストはどんどん下がっていったのです。

そして2007年、iPhoneの登場で情報は文字通り個人の掌の中に持ち歩く時代になりました。今やコンテンツを消化する主戦場はスマホかタブレットと言っても過ではないでしょう。
昔のように、取り扱い説明書と睨めっこして機器を使いこなすために時間と労力を浪費する時代は終わりました。IT環境を最小限のコストで整え、必要な情報を簡単に最大限利用出来る時代になったのです。 2013年、当社ではグループ企業の経験で培った実績を活かし、新たに中小企業向けのホスティング業務をスタートさせました。会社の顔とも言えるホームページ、必要不可欠なメールサーバ、収益を生むショッピングサイト等を単なるホスティングだけではなく作成から運用保守まで全てを一貫してお任せ下さい。

2013年6月1日
壁巣 真弥